質の高い法律相談

 
  医療事故弁護士法律相談センター
 
   
 
 
 
  医療事故弁護士ブログネットワーク  
   
   医療事件の取り扱いについて
   専門医師のバックアップ体制
   ご相談から解決までの流れ
   料金システム
   よくあるご質問
   
   医療事故とは
   医療裁判の勝訴率
   紛争解決の方法や種類
   医療事故用語集
   
   
   
  400冊を越える医学文献  
 
 
多くの法律事務所では、相談者に来所して頂き、そこで相談者から「相談内容を聞き取ってから、アドバイスを与える」という方法で法律相談が実施されています。弁護士会などの法律相談も基本的に同様です。
しかし、医療専門の弁護士といえども、全ての領域に精通しているわけではありませんので、先に記したような通常の法律相談業務の流れでは、質の高い法律相談を実施することは非常に困難です。
そこで当センターでは、医療事件の法律相談の質を高めるために、次のようなステップで法律相談を行っています。
 
 
 
 

まず、当センターに法律相談をご希望される方は、こちらの「医療過誤相談シートに必要事項を全てご記入して頂き、こちらまで送信して下さい。

ご不明な点やご質問はお電話でお気軽にお問い合わせ下さい
TEL:03(4577)0715

   
 
 
   
 
 
 
  当センターに「医療過誤相談フォーム」が届きますと、印字され、医療専門弁護士(原則2名)に渡されます。
   
 
 
   
 
 
 
  医療専門の担当弁護士は、当センターが誇る400冊越の医療文献を活用して、その症例に関する医学的知見について、徹底的に調査を行います。    
 
 
   
 
 
 
  医療文献を調べた担当弁護士はレジュメを作成し、それを医療事業部の部長弁護士に提出します。    
 
 
   
 
 
 
  調査した内容について、部長弁護士とディスカッションを行い、必要があれば追加調査も行います。    
 
 
   
 
 
 
  こういった様々な調査の結果、医療過誤の見込みがある場合にのみお客様にご来所して頂き、面談での法律相談を行います。※調査終了後こちらよりご連絡致します。
当センターではこのようにして、担当弁護士が医学文献等での調査を経てから法律相談に対応するため、大変質の高い法律相談を実現できております。
面談での法律相談料は10,000円+800円(税)となります。以降30分延長毎に5,000円+400円(税)です。
   
 
※面談以外での法律相談(お電話・メール等)は受け付けておりません
 
  ご相談~解決までの流れ  
 
         
       
  Copyright (C) ALG&Associates. All Rights Reserved.